Laboratory of Pharmaceutical Microbiology
熊本大学大学院生命科学研究部 微生物薬学分野
 

Location

〒862-0973
熊本市大江本町5番1号
5-1 Oe-honmachi, Kumamoto 862-0973, Japan
 

Counter

129961
Since 2011/12/12
Laboratory News
12345
2016/11/12

第38回日本薬学会九州支部コロキウム

| by Shingo Ito
第38回日本薬学会九州支部コロキウム、大盛況のうちに終了しました。

-最新腎研究から生まれる創薬と治療-
平成28年11月12日(土)13:00-17:30
熊本大学薬学部 多目的ホール
安西 尚彦 千葉大学大学院医学研究院 教授
阿部 高明 東北大学大学院医工学研究科 教授
宮崎  徹 東京大学大学院医学系研究科 教授 

13:00
2016/11/03

遠歩

| by Shingo Ito
11月3日午前0時に熊本大学を出発し阿蘇付近まで行って折り返し、熊本大学まで42kmひたすら歩き続ける「遠歩大会」に研究室員7名で参加しました。
最低気温6℃の中、寒さや全身の痛み、眠気と戦いながらみんなで励まし合い、全員完歩できました!
次の日からの筋肉痛や関節痛は言うまでもありません。
来年は記録を目指してもっと大人数でチャレンジしたいと思っています。
とても楽しかったです!!

13:41
2016/10/23

研究室対抗バスケットボール大会

| by Shingo Ito
今年はグループリーグで1位通過し、ベスト4進出!
和気あいあいと試合ができました。来年は決勝進出したいですね。





10:39
2016/10/21

論文掲載:BPB

| by Shingo Ito
日本人のクレアチン欠乏症患者から見つけたクレアチントランスポーターの新規変異に関する論文がBPBに掲載されました。

Uemura et al.,
Abnormal N-glycosylation of a novel missense creatine transporter mutant, G561R, associated with cerebral creatine deficiency syndromes alters transporter activity and localization

10:58
2016/10/03

増田豪 先生が着任されました。

| by Shingo Ito
10/1から増田豪 先生が助教として当研究室に着任されました。
09:00
12345

主催シンポジウム

この画面をダブルクリックするか、ブロック右上の「編集」をクリックし、お知らせの内容を記入してください。

更新情報

2016/10/26
論文、学会発表、メンバー写真等を更新しました。
 

講演予定

研究室主催講演会
12/14 熊本大学拠点形成研究A主催 平成28年度第3回講演会
神戸学院大学 薬学部 
薬物送達システム学研究室
亀井 敬泰 博士
「細胞膜透過ペプチドを基盤としたバイオ医薬の非侵襲的デリバリー法の開発」

招待講演
伊藤慎悟:高分子医薬品の小腸透過を改善させる小腸透過性環状ペプチドの同定と評価 第7回経口吸収FG合宿討論会 2016年12月15、16日(熊本) 

学会発表
山口駿介:Identification of Novel Cyclic Peptides for Facilitating Intestinal Permeability of Macromolecule.  the 2016 AAPS Annual Meeting and Exposition 2016年11月13-17日(Denver)

山口駿介:経口投与型バイオ医薬品の開発に資する小腸透過性環状ペプチドの同定 第33回日本薬学会九州支部会 2016年12月3、4日(鹿児島)

柴田晃幸:アルブミンの修飾に基づく腎疾患および膵がんマーカーペプチドの同定 第33回日本薬学会九州支部会 2016年12月3、4日(鹿児島)